鍵盤の その奥②

うちのジェネラルマネージャー
赤ちゃんの時から、鍵盤のうえからジャンプしたり 
鍵盤の中に、潜入してみたり


ずいぶん ピアノと過ごしてきました。
すっかりジャングルジムです。
猫タワーよりも、好きみたい。



それはさておき、先日、教えてもらったコト。
早速、忘れないうちに取り組みました。

思いの外、この練習は難しい!
まずは普通に 跳ねずに スケールを弾く。
テンポはとてもゆっくりでBPM30くらい。
これを弾くだけでも、指が勝手に緊張したりして粒が揃わなくて難解。

そこから、SWINGしてみる。



はへ~ 


このことですか?スイングとは。






長い間、
コレでSWING感をやってきたのですが

ちょっとコレ、声を大にして言いたい‼︎

ほんま、今まで こう指導してきたので 
ごめんなさい............
私自身の意識も完全に塗り変えられました。
もう少し具対的に言うと
あ、Wynton kelly こう弾いてるよね、と
【府に落ちた】から。
納得出来たから塗り変えられた。


コレでやっていながら どこかに違和感を感じてたのも本心で
自分の演奏を録音する度に「違う!違うねん‼︎」と思っていたよ。
で、どうかと言うと
コレがまた、言い表せないんだなあああああ............
というか、こうしか紙の上では伝えられないっつーか。

目では見えなくて、耳で聴いている。
というより、心で聴いている。
音楽とは きっとそういう世界。






ちゃんと出来るようになったら、部分的にでも動画アップします。
まずは、そのアップ目指して 練習すっぺ、練習。


貴方の最近の塗り変えられたコトは、なんですか?

JAZZ PIANO SCHOOL

JR尼崎から徒歩9分 ジャズピアノ教室